2022年度 最新ニュース

こちらのページでは入社式、研修、社員旅行、懇親会風景など、東ファーマシーの最新の動きをお伝えしています。

「日本保険薬局協会会報誌」で弊社の取り組みが掲載されました

日本保険薬局協会会報誌・季刊誌「NPhA(エヌファ)72号(2022 AUTUMN)」で『認知症カフェ』など弊社の先進的な取り組みが掲載されました。今後もますます活動内容を充実させて展開していく予定です。

【記事内容】
●「健康フェア」の開催

●佐世保で薬局として初の「認知症カフェ」の開催

●薬剤師研修の強化(ハイリスク薬研修の実施)

●管理栄養士による講話活動

ダウンロード
NPhA72号28-29ページ.pdf
PDFファイル 3.1 MB


佐世保市で薬局として初の認知症カフェ開設
~サービスの質向上に向け研修強化、7月からハイリスク薬研修をスタート~

長崎県佐世保市を地盤とする東ファーマシーは今、地域との関わりを深めています。県内で薬局を12店舗、化粧品店1店舗を運営する同社は、佐世保市民を対象とした「健康フェア」を毎年開催するほか、化粧品店を含めて各店で健康イベントを実施。さらに、薬局としては同市で初めて、認知症カフェを昨年11月にスタートさせました。併せて薬局サービスの質向上を目指し、薬剤師研修の強化を進めています。4コースに分かれた集合研修のほか、今年7月からはハイリスク薬研修もスタート.服薬指導やトレーシングレポートの書き方などを全薬剤師が学び始めています。(記事より抜粋)

「第81回 九州山口薬学大会」で研究発表

2022年9月18日(日)・19日(月・祝)に「熊本城ホール」で開催された「第81回 九州山口薬学大会で、弊社の管理栄養士がポスター発表を行いました。

研究テーマ:保険薬局における管理栄養士の栄養指導実績調査

内容:2021年2月~2022年1月、ゆうわ薬局で栄養指導を実施した患者の記録から指導に至った背景や指導内容、検察の推移を調査。薬局に管理栄養士が在籍し、その場で栄養指導をすることで、薬局が、患者の健康維持に貢献し、食事や栄養面での課題を解決する拠点となりうると考察した。


『みふね薬局』新店舗の地鎮祭が行われました

令和4(2022)年7月19日10時30分より、「みふね薬局」新店舗の建設予定地で起工式(地鎮祭)がとり行われました。朝からの激しい雨が嘘のようにピタリと止むといった幸運にも恵まれ、予定された儀式は全て滞りなく行われました。
※「みふね薬局」は年内に現薬局の近隣に移転の予定です。


『第4回 東ファーマシー 健康フェア』 開催

令和4年6月19日(日)、『第4回健康フェア』を「まちなかコミュニティセンター」で行いました。テーマは「体とキレイの『気になる』をチェックしよう」。新型コロナウィルスの流行により3年ぶりの開催となりましたが、まだ終息していない状況ですので、感染防止の為、来場者には入館前の体温チェックやアルコール消毒を入念にお願いをしました。

今回、来場者の皆さまには、薬剤師による「お薬相談」、管理栄養士による「栄養相談」をはじめ、「美容相談」「体組成測定」「血圧測定」「骨密度測定」「ヘモグロビン測定」「握力測定」なども体験していただきました。10:00から15:30までの開催時間中に約170人もの方にご来場いただき、盛況の内に終了することができました。

『2022年度入社式』

2022年4月1日(金)東七株式会社本社にて入社式が行われ、薬剤師1名、管理栄養士2名、事務員2名の計5名が晴れて東ファーマシーの仲間入りを果たし、社会人の第一歩をスタートさせました。

各人への辞令が交付された後、社長が歓迎のお言葉を述べ、最後に役員と一緒に記念撮影を行い終了いたしました。


過去のニュース

2021年度 > 2020年度 > 2019年度 > 2018年度 > 2017年度 > 2016年度